スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポケモンのゲームとかけまして理科の実験とときます

その心は・・・(ネタ要素0^q^)

ポケモンのゲームをやるときに僕たちがやることって

1、パーティーをつくる
     ↓
 (厳選or乱調、育成)
     ↓
2、何回か対戦をする
     ↓
3、改善点を考察する
     ↓
4、パーティーを改良
     ↓
5、2に戻る

ですよね。
これって、理科の実験と似てると思いませんか?

実験とはいっても、中学高校でやるような、「既に結果が分かっていて、その結果にならなかったら失敗したー\(^o^)/な実験」とは違います。

理科の実験の流れは 
仮説を立てる→(実験に必要なものを調達)→実験→考察→結論 です。(僕の知ってる限りでは)


「仮説」とは、実験をする前に計算や理論的なことで予想する結果ですから、
「対戦前の机上論的パーティー」としていいでしょう。

「実験」は仮説の真相を確認するためにやることですから、
自分の机上論で強いパーティーが本当に強いのかを確かめる「対戦」に通じるものがあります。
実験は数字の誤差を統計的に解決するために、何回も行われます。
これと同じように対戦も何回かやってみないと分かりません。

考察は言うまでもなく

そして、最終的に自分なりの「結論パ」を見つけるのです。

なんて有意義なゲームなんだ・・・(
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

きゃーキチカルかっこいー(

そこにしびれる憧れるぅ(

No title

わー久しぶりのコメントだー(

理系すぎてゴメンネ()
プロフィール

@kk☆

Author:@kk☆
ポケモンや東方に興味があります。
たまにゲーセンにも行きます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
ブロック崩し
ツイッター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。